【ブラッククローバー】ヤミ・スケヒロのプロフィールや使用魔法とその強さについて

クローバー王国魔法騎士団の一つで、荒くれものそろいの落ちこぼれ集団「黒の暴牛」を統率する団長。

その名の通り闇魔法の使い手。

人気キャラ投票ランキングではアスタに次ぐ2位をとっており、アスタのライバルのユノよりも主役キャラ的な感じがあります。

1. ヤミ・スケヒロのプロフィール

本名 ヤミ・スケヒロ (夜見介大)
年齢 28歳
身長 183cm
等級 大魔法騎士
魔法属性 闇
所属 灰色の幻鹿→黒の暴牛団長
出身地 日ノ国
誕生日 9月17日
血液型 O型
好きなもの タバコ、威圧、面白いヤツ

魔導士とは思えないほど体が鍛えられており、アスタを超える筋力がある。

ヘビースモーカーでほとんどのシーンでタバコをくわえている。

部下の面倒見が良く、様々な理由で他の団から拒絶された団員たちを迎え入れており、団員たちからも厚い信頼を得ている。

部下の能力を見極める能力にも長け、口癖である「ここで限界を超えろ」も団員たちの力を信じるが故である。

この指導能力の高さはアスタやノエルの成長にも影響を与えている。

ただし指導内容自体はスパルタを通り越した文字通りの無茶振りがほとんどである。

元々は日ノ国という外国の出身で、実家が漁師で漁の途中に難破し、クローバー王国に漂着。

その後は魔導書を授かり、自身を異邦人と蔑む王国の騎士達を実力でねじ伏せ、その噂を聞き付けた現魔法帝のユリウスに勧誘されて魔法騎士団に入り、ついには団長に就任。

異端の大魔法騎士と呼ばれる。

2. 使用魔法について

名前の通り、闇魔法の使い手である。

スピードが無い特性なので、その弱点を補うため日本刀による斬撃と「氣」を組み合わせた「魔法剣士」と呼ばれる戦法になっています。

「鍛え抜かれた肉体がなければ戦闘が成り立たない」という点では、奇しくも部下のアスタと共通するところがある。

使用魔法
「闇纏・無明斬り」
闇を纏わせた斬撃を繰り出す。
手加減する際は「~峰打ち」になる。

「黒穴」
闇の穴を出現させて相手の魔法を吸収して防ぐ。
効果範囲が狭いため、物理的に防げない場合にしか使わない。

「闇纏・次元斬り」
海底神殿編において部下たちの窮地を前に限界を超えて習得した魔法。
「闇纏・無明斬り」の進化版で、相手を空間もろともに一刀両断する。

氣を読む力
第六感で感知する「氣」と呼ばれる万物の呼吸。
これを読むことで相手の動きを読むだけでなく、落石と言った不意の事故にも対処することができる。
精度はかなり高く、攻撃の殆どが光速のリヒトの光魔法にも難なく対処可能である。
そのためリヒトの光魔法に対して非常に相性が良く、「天敵」とされた。

3. ヤミはどのくらい強いのか?

白夜の魔眼の1人ヴェッドと対決。

おそらく白夜の魔眼の中でも一番の魔力量の幹部であり並大抵の魔導士の攻撃はノーダメージとなる防御力の持ち主。

黒の暴牛団員と海底神殿のカノホらが協力してダウンさせることに成功。しかしヴェッドは最後の力を振り絞り自爆魔法を発動しようとしていました。

そこへ現れたのがヤミ。

空間魔法で隔離されていたが新しく覚えた魔法で駆けつけていた。

そしてヴェッドの自爆魔法を闇纏・次元斬りで切り裂いて勝利していた。

エルフ化したシャーロットと対決。

シャーロット+エルフ化ということで単純な魔力量は”シャーロット>ヤミ”であった。二人の最大魔法がぶつかり合いシャーロットはほぼ無傷。

しかしヤミの魔法はシャーロットの魔法を切り裂いておりほとんどを相殺していた。

勝負のゆくえはシャーロットがヤミを倒したと勘違いしたのか一旦引いてお預けとなった

なのでエルフ化したシャーロットとは互角だったと思います。

ヤミは魔法騎士団団長の中では間違いなく上位の強さを誇っているでしょう。

金色の夜明け団団長のウィリアム・ヴァンジャンスには互角か、もしくはヴァンジャンスの方がおそらく強さは上なのかなと思います。

4. まとめ

元々は日の国という所からきており、現在はクローバー王国黒の暴牛団団長を務めている。

口癖は「ここで限界を超えろ」であり部下を感化させ成長させている。部下からの信頼も厚い。

闇魔法の使い手で日本刀とあわせて戦う魔法剣士スタイル。

魔法騎士団団長の中では上位に入る強さの持ち主である。