カラテカ入江慎也が闇営業!? 会社や年収、人脈作りの秘訣など

2019年7月26日

お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さんですが、2019年6月に闇営業が発覚して吉本興業を解雇になりました。

「友達5000人」と豪語しており、芸能界のみならずスポーツ界や一般企業の社長にまで顔が利くほど人脈があると言われています。

また入江慎也さんは自身の会社を経営し、年収もけっこうすごいのだとか。

今回は、そんなカラテカ入江慎也さんの闇営業や会社・年収情報、人脈作りの秘訣などをまとめていきたいと思います。

1. カラテカ入江慎也のプロフィール

名前:入江慎也(いりえ しんや)
本名:入江慎也(いりえ しんや)
出身地:東京都小平市
生年月日:1977年4月8日
学歴:東京アナウンス学院中退
身長:158cm
デビュー年:1997年
所属事務所:吉本興業
所属コンビ名:カラテカ
相方:矢部太郎(やべ たろう)

入江慎也さんはデビュー前にジュノンボーイに応募していた過去もあります。

しかし、コンテストのエントリーメンバーに残ることはなかったようで、結局は後に芸人として芸能界デビューを果たすことになりました。

2. 闇営業が発覚!?

闇営業を行ったとして所属事務所の吉本興業との契約を解消された入江慎也さん。

入江さんは詐欺グループの忘年会に「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんら吉本所属芸人の出席を吉本を通さずに仲介したと「フライデー」で報道されています。

入江さんはTwitterで詐欺グループの忘年会とは知らなかったとした上で「知り合いの広告代理店の方から、エステティックサロンの経営や健康食品の販売をしている会社のパーティーがあると聞いていました」と釈明しています。

気になるのはそのギャラですが、入江さんが提示したギャラは300万円。

その取り分の内訳は、宮迫さんが100万円、入江さんが10%の30万円、残りの170万円をほかの芸人達で分けると入江さんが説明している。

前払いで入江さんの口座に振り込んだと言います。

2時間ほどの会合のうち、宮迫の出演はわずか15分だったといい、自身と山口智充のデュオ「くず」のヒット曲を熱唱したり、トークで盛り上げるなどしたが、かなり割のいい仕事だったに違いない。

3. 入江慎也の会社とその年収について

■会社概要
設立 2015年10月8日
役員:代表取締役社長 入江慎也、取締役 落合圭太
所在地:東京都港区西麻布3-2-43 西麻布3243 8F
電話番号 03-6434-0117
資本金 300万円

事業内容
広告宣伝の代理業務
SNSを中心としたプロモーション
コンサルティング業
映像全般における企画制作・演出・プロデュース
商品開発企画立案
イベント・講演会などの企画立案、制作、運営

カラテカ入江は2015年に、セレブの聖地・西麻布にてコンサルティング会社を起業。

主な事業としては、入江自ら出向くスタイルの講演会や、今回スクープされた忘年会や結婚式などの営業がメインといったところになっています。

2015年に出演したダウンタウンDXでは、年間講演回数は100本ほど。

講演仲介業者によると、カラテカ入江の講演金額は1本あたり30〜60万と見積もられているらしく、入江の講演だけで約5000万円程度稼いでいた計算に。

それに加えて、吉本芸人を引き連れた高単価の闇営業において、5000万円程度稼ぐことは難しくないため、年商1億というのはあながち間違いなさそう。

今回の闇営業報道を経て、講演仲介サイト「講演依頼.com」では、フライデーのスクープを受けて、入江さんのプロフィールはすでに削除されている様子です。

4. 人脈作りの秘訣とは?

「サイバーエージェント」の藤田晋社長や「SYLA」の湯藤善行社長など、超有名企業の社長とも交流を持つ入江さんがは、約600名の社長とLINEの交換をしており、自らもコンサルティング会社「イリエコネクション」を起業。自身の人脈をフル活用し、現在20社とコンサル契約を結び、年商は1億円を達成しているという。

そんな入江さんが人脈を広げようと思ったきっかけがデビュー当時は相方の矢部さんがブレイクし自分は「矢部の相方」と呼ばれるようになったためだそうです。

最初は起業のためでは無かったんですね。

先輩と仲良くなって喜ばせるために、当時ハマっていたナンパを通して女の子を紹介していたようです。

その経験が、人脈は自分の武器になると気付いてどんどん広げていったようですね。

また入江さんが人間関係で気を付けていることが3つありました。
・下品でも良いからしがみつく
・「報告・連絡・相談」の「ホウレンソウ」を大切にする
・居酒屋でも「機転を利かせる」ことを大切にする

下品でもしがみつくというのは、いわゆるゴマスリですね。

はたから見るとちょっと引いてしまいますが、ゴマをすられた側は悪い気はしませんもんね。

ホウレンソウや相手への気遣いは、人間関係においてとても大事なことなので入江さんは、地道に人脈を築かれていたようです。

5. まとめ

入江さんは詐欺グループの忘年会に出席しそこでギャラを貰っていたことがフライデーによって発覚。

自身の顔の広さがこの結果を招いたのかもしれない。

イリエコネクションという会社の社長であり、コンサルティングがメイン。

年商1億という噂もありあながち間違いではなさそう。

人脈作りの秘訣はホウレンソウや相手への気遣いを意識していった結果だそう。