【kimono】ブランド名変更へ! この騒動に渡辺直美が謝罪?

2019年7月26日

 

米国のセレブ、キム・カーダシアンさんが、自身の補正下着ブランドの名前を「Kimono」から変更すると明らかにしました。

このkimono騒動により渡辺直美が謝罪をする事態となりました。

今回はkimonoというブランド名が変更になったことと渡辺直美がなぜ謝罪をすることになったのかをまとめていきたいと思います。

 

1. 下着ブランドの名前を「kimono」から変更!

米タレントで実業家のキム・カーダシアンさんが矯正下着ブランドに「Kimono」と名づけ、商標登録やインターネットのドメイン名などを取得した上で大々的に事業展開する方針を発表しました。

この発表に日本だけでなく各国から「文化盗用」との批判が噴出した問題で、カーダシアンさんは1日、ブランド名を変更するとソーシャルメディアで発表した。

「起業家であり自身のボスであることは、人生の中で最もやりがいのあるチャレンジです。

それを可能にしているのは、ファンや世間の人たちとの直接コミュニケーションです。私は常に人の意見を聞き、学び、成長しています。

だから人々が私に見せた情熱やさまざまな見方に感謝しています。

ブランド名の発表は最善の意図を持ってしたことでした。

私のブランドと製品は包括性と多様性を中核として作られるものです。

慎重に考えた結果、下着ブランドは新しい名前で立ちあげます。近いうちにお知らせします。いつも理解とサポートをありがとう。」

と自身のツイッターとインスタグラムで述べています。

 

2. 「kimono」騒動で渡辺直美が謝罪?

渡辺直美がキム・カーダシアンさんの「kimono」の投稿にいいねを押し、謝罪する事態となりました。

カーダシアンさんが下着のブランド「kimono」をリリースすることを発表したことで、この名前が「日本の着物を侮辱している」「文化の盗用」だと大バッシングを受けました。

またカーダシアンさんが「Kimono」を商標登録するため出願中であることも問題視されました。

そんな中、以前からカーダシアン家のファンであること公言している渡辺直美は、キムの「Kimono」リリースの投稿に「いいね」を押した。

渡辺直美がこの投稿にいいねを押したことで、ショックを受けたファンがいたことで、いいねを取り消し、謝罪文を書きつづった。

この1つのいいねで「kimono」騒動が大きくなりファンに謝罪することとなりました。

 

3. まとめ

米タレントで実業家のキム・カーダシアンさんが下着のブランド名を「kimono」とつけたことで日本の着物を侮辱しているなど大バッシングを受けた。

このバッシングを受け、ブランド名を新しく変更すると発表。

キム・カーダシアンさんのインスタ投稿にいいねをしたことによりファンがショックを受け謝罪。