マスク1箱が1万円?新型コロナウイルスの現在の状況は?

2019年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に発生し、短期間で世界に広まっている新型コロナウイルス感染。

日本国内でも武漢市に渡航歴のある肺炎患者からこのウイルスが検出されています。

この新型肺炎の影響で、マスクが品薄状態になっています。

今回は、マスク1箱が1万円?新型コロナウイルスの現在の状況は?についてまとめていきたいと思います。

 

マスク1箱が1万円?

新型コロナウイルスの影響により、マスクが色んな店舗で売り切れ続出しています。

スーパーやコンビニはもちろんのことドンキホーテなどでも品薄状態になっています。

コンビニでは個数制限と書かれた紙も貼りだされていました。

ドンキホーテでは完売と言われるほど、異常なほどのマスクの売れ行きとなっています。

ネットショッピングでもみると、アマゾンではマスク1箱1万円だったり、メルカリでは2万とか4万で販売されている。

こんな高額なマスクは初めて見ましたね。(笑)

入荷もままならなく、いつ入荷されるのかも見通しが立っていない模様。

スーパーやコンビニなどでは従業員もマスク着用が義務化されています。

またお店によっては、マスクを一部店頭に出さず、お店で保管しているところもあるようですね。

しばらくマスクの価格は高騰していくだろうと思われます。

 

新型コロナウイルスの現在の状況は?

今回は、日本国内での最新状況をみていきます。

2020年1月15日に初の新型肺炎発症者がでました。

2月5日12時現在、確認されている患者は19名に登ります。

そのうち、4例の無症状病原体保有者が確認されている。

武漢市からのチャーター便により帰国した日本人が感染したことにより少しずつ拡大していっている感じですね。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」内での新型コロナウイルス検査の陽性が確認されたので、現在も同クルーズ船に対する検疫は、引き続き実施しているとのこと。

厚生労働省からのメッセージ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

 

 

 

マスク1箱が1万円?新型コロナウイルスの現在の状況は? まとめ

マスクが高額商品になっていることが驚きでした。

新型コロナウイルスは国内ではまだ流行とは言えるものではないですが、予防はしっかりしていきましょう。