マンチェスターシティがFFPで違反?2年間のCL出場禁止処分?

サッカーのプレミアリーグから驚きのニュースが来ました。

なんとマンチェスターシティがCL出場禁止になったのです。

出場禁止となったのは、違反行為があったとのこと。

今回は、マンチェスターシティがFFPで違反?2年間のCL出場禁止処分?についてまとめていきたいと思います。

 

マンチェスターシティがFFPで違反?

マンチェスターシティがUEFAに提出したファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する書類で重大な違反を犯したことが確認されました。

FFPとは、UEFAに加盟するプロサッカークラブの財政健全化を目指し、2011年から導入され、2014年から正式に施行された規則である。

シティが提出したこのFFPは2012年から2016年の書類になります。

UEFAが指摘した「重大な違反」は、ドイツ『デア・シュピーゲル』の報道がもとになっている。

このリーク情報では、シティがFFPを遵守していることを偽装した証拠が示されていました。

この偽装により、シティはFFPに抵触せず、巨額の投資を行ってきたとされています。

 

マンチェスターシティが2年間のCL出場禁止処分?

FFPで重大な違反を犯したとして、UEFAは2シーズンのCL参加禁止の処分を言い渡しました。

プレミアリーグ2連覇中のシティは現在、チャンピオンズリーグ制覇を最大の目標に戦っています。

その出場権を失うことになれば、クラブへの影響は計り知れないものとなりますね。

 

みんなの反応

============

============

============

============

 

マンチェスターシティがFFPで違反?2年間のCL出場禁止処分? まとめ

マンチェスターシティのCL出場禁止は世界的大ニュースですよね。

一番びっくりなのはマンチェスターシティのサポーターだと思います。