コロナ対策にアオサはデマ?効果のある対策法は?

最近かなり話題となっている新型コロナ。

感染力が凄まじく各地に影響を及ぼしています。

そんななか、アオサがコロナ対策に効果があるという情報がでてきました。

しかし、ネット上ではこれはデマという情報が流れています。

今回は、コロナ対策にアオサはデマ?効果のある対策法は?についてまとめていきたいと思います。

 

コロナ対策にアオサはデマ?

先日、海藻のアオサにヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果があることが、中部大学で発見されました。

中部大学によると、アオサに含まれる「ラムナン硫酸」が「ヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果があることを確認した」と指摘。

しかし、コロナウイルスについては以下のように、インフルエンザウイルスと「エンベロープとRNAを持つ」という共通の構造を持つことに触れているのみであります。

新型コロナウイルスを含め、「増殖を抑える効果」をどう確認したのか、その根拠は特段示されていません。

現在、そのプレスリリースは削除されています。

BuzzFeed Newsの取材に対し、中部大学の広報担当者は「意図した内容と違う捉え方をされ、反響が大きくなってしまっているということで、一旦取り下げた」と回答。

その理由については「効果が新型コロナウイルスに期待できるという風に記載していたが、今回立証されたのはヒト型コロナウイルスだった」としています。

したがって、アオサがコロナ対策に効果があるという情報は信憑性にかけるということです。

 

コロナに効果のある対策法は?

アオサが効くというデマ拡散があったなか、新型コロナウイルスは熱に弱いことが判明したと新たに情報が出ています。

耐熱性に乏しく、26~27度の温度で殺傷します。

ですから、より多くのお湯を飲むことが予防に効果的であるとのこと。

2月末から3月末はウイルス感染が沢山発生するので、特に今の時期はしっかりと対策していくことが重要です。

 

コロナ対策にアオサはデマ?効果のある対策法は? まとめ

コロナ対策にアオサはデマであるという情報について調べていきました。

本当かもしれませんが、根拠が示せてない上に、発表した側も意図しない方向で拡散してしまったことが原因のようです。

それで、今は、お湯を飲むことが良い対策法らしいので、いっぱい飲みましょう。